プロミス

プロミスの在籍確認とは?電話以外で在籍確認なしにできるのか?電話の内容も解説

プロミスの在籍確認とは?
プロミスに申し込むと「在籍確認」があります。

在籍確認とは勤務先の確認であるため、勤めている会社に電話があります。

この在籍確認について、次のような疑問や不安がある人は多いでしょう。

  • 在籍確認とはどのようなものであり、何のためにするのか?
  • 在籍確認はなしにできないのか?
  • 電話はどういった流れになるのか?
  • 在籍確認で審査に落ちることはあるのか?

この記事では上記の点をわかりやすく解説していますので、お読み頂ければすぐに答えがわかります。

当記事を読んで、プロミスの在籍確認について理解し、安心して申し込みできるようになってください。

プロミスの在籍確認とは?どのような審査なのか

冒頭でもお伝えしたように、プロミスの在籍確認とは勤務先の確認です。

あなたが勤めている会社に電話することで、あなたが在籍しているかを確かめるためにする作業になります。

そして在籍確認は審査の一環でもあります。

審査の合否にも関わってくる大事なものであると知っておいてください。

プロミスの在籍確認はなしにできない!

プロミスの在籍確認はなしにできないと知っておきましょう。

プロミスがなぜ在籍確認をするかと言いますと、「働いており収入があるか?」という点を確認するためです。

当たり前の話になりますが、働いておらず収入がない人にお金を貸してしまうと返済してもらえない可能性があります。

返済してもらえないとプロミスは貸倒処理をすることになり、マイナスになってしまいます。

そのため、在籍確認をして、申込者に働いており収入があるかをチェックするようにしているのです。

在籍確認は勤務している証拠を電話または電話以外の方法でプロミス側が確認することです。

そのため、電話等の手段は問わず、一切在籍確認をしないということはあり得ません。

これが通るなら、申込入力の申告で官僚や一部上場企業、有名大企業の役員など、ありとあらゆることがまかり通ってしまい、虚偽申告によって大きな限度額で貸付してしまい、回収困難になる可能性が出てきます。

在籍確認は電話以外の方法(書類提出)にできるという噂がある!?

インターネット上には、「プロミスの在籍確認は希望すれば電話以外の方法で書類提出にできる」という噂があります。

しかし、基本は勤務先に電話でされると思っておきましょう。

プロミスに電話で問い合わせたところ、

「書類提出でもOKとなるケースはありますが、それは止むを得ない事情があるときのみです。在籍確認は基本的に電話でおこなっています」

と回答をもらいました。

よって、在籍確認は電話でされる可能性が高いと思っておくべきです。

ちなみにやむを得ない事情とは、勤務先に在籍確認の電話をしたものの、在籍確認が明確に取れなかった。

または、テレワーク等で会社が営業しておらず、電話で在籍確認する方法がない等が該当します。

どちらも電話で在籍確認を試みるも、事情によって取れなかった場合となりますが、このような場合のみ電話以外の方法で在籍確認をとることになります。

なので、絶対的に電話連絡はあると思っておきましょう。

プロミスの在籍確認はこんな感じになる

ここからは、プロミスの在籍確認がどのような流れになるかをお伝えしていきます。

まず、プロミスの在籍確認は「非通知・担当者の個人名」でされると知っておきましょう。

電話番号の履歴からバレる&かけ直されるといった心配はありませし、社名も申込者以外には明かしません。

そのため、他人バレの危険は少ないです。

電話内容に関しては、「本人が対応した場合」と「本人以外が対応した場合」によって流れが違います。そこで、それぞれに分けて解説していきます。

本人が対応した場合

プロミス担当者:「こちら新山と申し込ますが、○○様(申込者)はいらっしゃいますでしょうか?」

申込者:「○○は自分になります」

プロミス担当者:「ご本人様でしたか。この度は当社への申し込みありがとうございました。それではこれにて在籍確認を完了とさせて頂きます」

本人が対応した場合は上記のような流れになります。

プロミスの在籍確認は、単純に申込者が申告どおりの会社に在籍しているかを確認するだけのものですので、早ければ1分もかからずに終了するかと思います。

本人以外が対応した場合

プロミス担当者:「こちら新山と申し込ますが、○○様(申込者)はいらっしゃいますでしょうか?」

会社の上司や同僚:「○○は現在、席を外しております。」

プロミス担当者:「左様ですが。それではまたお電話させて頂きます」

本人以外が対応した場合の流れは上記のような感じです。

このように「席を外している」「本日は出社していない」などと回答すれば、本人以外が対応したときでも在籍確認は完了します。

本人は対応しなかったものの、会社に在籍していることはわかったからです。

在籍確認で審査落ちするのはもったいない!審査落ちの原因をチェック

実は在籍確認までいけば、審査にはほぼ通ったようなものです。

在籍確認は人間が電話でするため、どうしても手間がかかります。

そのため、まずは自社の融資基準を満たしているかを調査し、融資基準を満たした人のみにするのが基本なのです。

よって、在籍確認までいけばプロミスの融資基準は満たしている可能性が高いです。

それにも関わらず、在籍確認で審査落ちしてしまうのはもったいないため、在籍確認で審査落ちしてしまう原因をチェックしておきましょう。

何度電話しても誰もでない

「職場に誰もいない状況が多い」などが原因で何度電話しても誰もでない状況が続くと、審査落ちになってしまうことがあります。

こうした心配があるなら、在籍確認の時間指定をしておくのがおすすめです。

プロミスでは在籍確認の時間指定が可能ですので、担当者にお願いしておけば、対応しやすい時間帯に電話してもらえます。

電話番号を間違えて申告してしまった

勤務先の電話番号を間違えて申告してしまうと、何度電話しても繋がらない状況が続いたり、虚偽申告を疑われたりして、審査に通らないことがあります。

申込時に申告する勤務先の電話番号は、間違いがないかを確認しておいてください。

また、大きな会社になると代表番号は総務部の番号になりますが、自分がいる部署(自分のことがわかる部署)の番号を入力しなければ、在籍確認は取れません。

部署の番号がなければ、内線番号や、部署名をきちんとプロミス側に伝えることが重要になります。

それらを伝え忘れたことによって、審査結果がかなり遅くなるケースもあるのです。

即日にお金借りたいと思っているのなら、勤務先の電話番号は代表ではなく、自分のいる部署を入力するようにしましょう。

勤務先が対応してくれない

勤務先が対応してくれず、在籍確認ができずに審査に通らない可能性もあります。

とくに注意したいのが派遣社員の人です。

派遣社員の人は派遣元に在籍確認がされますが、派遣会社は在籍確認に対応しないケースも多いです。

そのため、事前に派遣会社の担当者へ「在籍確認の電話に対応してほしい」と伝えておいたほうが良いでしょう。

カードローンの在籍確認と言いたくない場合は、「クレジットカードを作ったので電話がある」とでも言っておけばOKです。

プロミスに限らず、カードローン会社は基本的に派遣元と派遣先の両方を聞いてきます。

派遣元ではなかなか在籍確認が取れないため、派遣先に電話する方が多いからです。

勤務先の電話番号を派遣元と派遣先どちらを書こうか迷っている場合、両方とも書いた方良いでしょう。

プロミスは在籍が取れるところに電話をしますので、派遣元は電話対応してくれないので、派遣先に電話してくださいと言えばOKです。

アリバイ会社を利用した

アリバイ会社を利用したことが発覚すると審査落ちになる可能性が高いです。

アリバイ会社とは架空の会社を利用して、ローンやクレジットカードなどの在籍確認に対応してくれるサービスになります。

プロミスのような大手消費者金融は、アリバイ会社のリストを持っていると言われています。

アリバイ会社を利用してもバレてしまう可能性がありますので、避けてください。

長期休暇中だった

長期休暇中だった場合、在籍確認ができても審査に通らないことがあります。

収入が減っており、「返済能力が低下しているので返済していけるか不安がある」と警戒されることがあるからです。

そのため、なるべくなら長期休暇中は申し込みを避けたほうが良いです。

本当に長期休暇中だったとしても、プロミス側は基本信じてくれません。

長期休暇と言って、実際には仕事をずっと休んで(欠勤して)いる場合もあるからです。

長期欠勤は収入が入らないため、退職しているのと扱いは同じになるのです。

それなら収入は少なくとも、バイトやパートをしている方が審査はずっと通りやすくなります。

プロミス在籍確認のまとめ

プロミスの在籍確認とは勤務先の確認であるため、あなたが勤めている会社に電話でされます。

この在籍確認は審査の一環であるため、避けることができません。

しかし、プロミスの在籍確認は「非通知・担当者の個人名」でされます。

電話内容も簡易なものであるため、スムーズにいけば1分もかかりません。

このため、プロミスの在籍確認は不安になるようなものではないのです。

会社の人にバレる心配などは不要ですので、安心してプロミスに申し込みしてください。

どうしても電話での在籍確認ではなく、電話以外の方法で在籍確認をして欲しい場合は、申し込み後にすぐプロミスに電話で相談してみましょう。

やむを得ない事情と認められれば、電話以外の方法で確認してくれる可能性があります。

-プロミス

© 2021 今すぐお金を借りる方法!即日で借りたい人におすすめを全解説!